コアメンバー

動画クリエイター

前川 大河

20代 男性 東京都

新卒一期生として、会社の成長を
若さとエネルギーで支えたい

CHAPTER 01 入社

悩んで悩んで、最終的に
社長と自分を信じた

この会社には大学2年の時にインターンとして入社したので、社歴は4年目になります。もともと明治大学で政治経済を学ぶ傍ら、動画の面白さに目覚め、学園祭実行委員会で、動画部門の責任者もしていました。そこで「何か企業と関わりながら動画制作ができる場所がないか?」と探して見つけたのがビジネスストラテジーだったんです。
最後まで悩みましたが、社長の人柄と考え方、そして自分を信じて新卒で入社しました。今でもその選択に後悔したことは無いですね。

CHAPTER 02 業務

制作物全般を確認・修正し、
お客さまの想いを形にする

開発部で制作物全般の確認・修正依頼をメイン業務としています。多くの業務委託社員や協力会社様から納品される制作物が、必ずしも全て思い通りとは限りません。とはいえ、頭ごなしに否定してしまったら関係性が損なわれてしまいます。だからこそ、動画広告プランナーと連携しながら、自ら制作もやってきた私が調整することで、お客様の想いを適切に形にしていくコトができるんです。

CHAPTER 03 スケジュール

健康のため、よくお昼に
散歩に行きます(笑)

9:00 出社(オンライン)、朝礼
9:30 動画クリエイターとミーティング
10:00 動画チェック・修正依頼
11:00 新規絵コンテのストーリー設計と撮影指示書の準備
13:00 お昼+散歩
15:00 広告運用成果を確認し、動画の修正案の検討
16:00 商談
17:00 夕礼、1日の振り返りとメール処理
17:30 自社サイトの更新、新規ノウハウ記事の執筆
19:00 退社

 

CHAPTER 04 やりがい

「また頼みたい」と
言われる仕事をする

やりがいは色々とありますが、やはり作ってもらった制作物が評価され、活用され、結果的にリピートに繋がるときが嬉しいですね!特に動画・サイト・広告とすべて任せて頂いた案件は、結果的にお客さまとのお付き合いも長期化するので、終わった後の達成感はひとしおです。また、社長とともに今までやったことが無い案件(例えばライブ配信)を一緒に進め、無事に成功したお祝いビールは最高ですね!(笑)

CHAPTER 05 雰囲気

全ての案件にチームがあり
ドラマが生まれています

私の立場上、本当に様々な案件にプロジェクト単位で関わるのですが、どれも1人で完結することは無いんです。時にはクリエイターとプランナーの意見がズレることもあります。ただ、その中でもお客さまの成果のために、チーム一丸となり、みんなで協力しあって成果に繋げていく雰囲気はとても良いですね。それぞれが分業して、でも助け合って仕事を進めていく。これがインターンの時から続く文化であり、良いところだと思います。

CHAPTER 06 働きたい人

クリエイターの「その先」を
考えられる人と働きたい

新卒の私が言うのもあれですが、クリエイターとして、自分の創りたいものだけをつくる、という人はむかないと思います。やはり動画広告は最終的に成果が求められますし、お客さまとの信頼関係があってはじめて、成り立つ仕事です。だから単につくるだけではなく、その先を見据えて、考えて行動ができる人。あとはチームとして連携して業務を進めていくことにやりがいを感じられる人。そんな人たちと働きたいですね。

社員インタビュー動画

TOP
TOP