アライアンスパートナー

カメラマン

富山 誠

30代 男性

求められていることを考えスピーディに動きお客様の期待に応え続けたい

CHAPTER 01 入社

経験を活かし
フリーランスとの両立ができる環境

私はフリーランスでカメラマンをしています。フリーランスとして仕事をしていると、毎日コンスタントに予定を埋めるのが難しいので、何か別に仕事を探せないかと思っていた時、ネットでこの会社の求人広告を見つけ応募するに至りました。この会社では業務委託のアライアンスパートナーとして仕事をしていますが、自分の経験を活かしながら複数の仕事を並行で進めていける働き方が自分に合っていると感じています。

CHAPTER 02 業務

プロジェクトメンバーとして
全国を飛び回り撮影を担当

現在の業務は撮影がメインで、ライブ配信やWebCMの撮影などを行っています。お客様のオフィスに訪問し撮影を行うこともありますし、日本全国様々な場所を訪れることもあります。以前は韓国に行って撮影したりと海外ロケもありました。現場ではお客様と顔を合わせ、直接考えを伺いながら作品を創り上げていくので、自分もプロジェクトチームの一員として仕事が出来ているなと感じています。

CHAPTER 03 スケジュール

どんな撮影であっても
チームで乗り越える

9:00 現地集合
9:30 機材のセッティング
10:00 撮影開始(外観)
12:00 休憩・お昼
13:00 撮影再開(インタビュー)
16:00 撮影終了・撤収

 

CHAPTER 04 やりがい

メリハリをつけながら
楽しむところは全力で楽しむ

カメラマンという仕事の面白さはやはり、仕事を通じ色々なところに行けることでしょうか。個人的に旅行が好きということもありますが、日本各地の観光地や海外ロケなど様々な土地を巡れることは純粋に楽しいですね。仕事中はもちろんプロとして真剣に仕事に臨み、オフは同世代の社員とその土地を巡る、というメリハリのついた環境は私にとって働きやすいと感じています。

CHAPTER 05 雰囲気

刺激の絶えない
プロフェッショナル集団

ベンチャーならではというのもありますが、社長を筆頭に同年代の人が多いということは自分にとっては働きやすさにつながっていますね。会話も合うため現場では楽しくいい雰囲気で仕事を進められる一方、プロとしてきっちりやるべきことはやるというメリハリのついた環境だと思います。一番感じるのはとにかくみんな自分で考えスピーディに動いている。そのスピード感は一緒に働いていて尊敬しますし、刺激をもらっています。

CHAPTER 06 働きたい人

お互いを高めながら
スピード感を持ち成長できる人

お客様の期待を超えるためには言われた通りに動くだけのカメラマンではなく、自分で考え臨機応変に動くことが必要になります。そのためには今何が求められているかを常に考え、スピード感を持ちながら実行に移すことが大切です。この会社は自分のやりたいことは必ずできる、意見も通る、しっかり自分の色も出せる環境です。そんな環境で切磋琢磨しながら、お互いを高め合える人と一緒に働きたいですね。

社員インタビュー動画

TOP
TOP