はじめに

皆様は日頃から「動画広告」を毎日何十回と見ていることにお気づきでしょうか。
テレビCMや、駅サイネージ広告、タクシー裏の動画広告、スーパーのサイネージ、YouTube広告、Facebook広告…動画がより一般的になり、様々な媒体で動画広告が活用され、視聴されています。

とはいえ、応募をご検討いただいている方にとっては「視聴者」の目線と異なり、
「制作・販売側」の目線はなかなか意識しづらいものです。
ここでは、私たちが事業領域としている「動画広告」について、裏側(=会社側)からの視点をお伝えします。

動画広告について

動画広告を私たちは”「動画」というクリエイティブ(広告における表現手法)を、「媒体」を通して、目的となるユーザーに伝える”ことと定義しています。
このように聞くと難しいかもしれませんが、シンプルに言えば”良い動画を、見せたい人がいる場所で配信する”ことが、動画広告の果たすべき役割になります。

動画にも種類があり、SNSで使われる短尺動画(15~30秒程度)から、映画のような2時間を超えるものまで様々です。
動画の種類だけではありません。動画を見てもらう場所(=媒体)はさらに多くの種類があります。
電車やバスなどの公共交通機関に配置されているサイネージや、YouTube・SNS広告といったWeb、さらにはホテルや病院に設置されているモニターなど、動画を掲載できる媒体は増え続けており、その市場は広がる一方です。

この無数ともいえる選択肢の中から、限られた予算と納期の中で、最適解をお客様と探し続ける仕事こそが、我々の全社員が取り組んでいる業務と言えます。
ここでは、簡単にその役割をご紹介します。

 

我々の役割について

動画広告プランナー

その中で中核的な役割を果たすのが、弊社の「動画広告プランナー」です。

この職業は様々なお客様のニーズを伺いながら、どのような動画広告を企画・設計・進行すればいいかを考え、ご相談タイミングからプロジェクト終了までを伴走するお仕事になります。

長いプロジェクトになると1年以上のお付き合いをしながら、顧客と二人三脚で歩む、とてもやりがいがある仕事です。

動画広告クリエイター

続いて、プランナーと連携して、良い動画・良いサイト・良い広告運用を追求する仕事が「動画広告クリエイター」になります。

重要なことは、顧客の言いなりでもなく、わがままを通すわけでもなく、一番”ユーザーにとって”良いクリエイティブ・運用は何か?を考えながら検証を続け、ノウハウを蓄えていくお仕事です。

その他、会社を支える様々な職種

さらに、会社の数字を支える財務会計スタッフ、更に働きやすい職場づくりを推進する人事労務スタッフをはじめ、システム支援、新規事業開発担当など、様々な職種が連携して、弊社は成り立っています。

このように私たちは、独立して働く個人の集合体ではなくチームとしての最適解を追求しています。
あらゆるプロフェッショナルが協働してこそ、本質的に価値ある動画広告を実現できると、信じているからです。

人事理念

私たちは人事理念として「プロとして備えるべき3つの価値観」を定義しています。

1.個人としての意識

自らの特性を正確に理解し、好きなことを仕事にしていること。礼儀正しさ、他者への尊敬、責任感といった職業人モラルと1人で仕事を完遂できる社会人スキルを有し、どの会社でも通用する人材でありながら、高いこだわりを持ち、情熱的に自らを高め続けようとすること。

2.商品への愛

自分たちが提供している財に対し、深い知識と愛着を持っている。とはいえ、盲目的ではなく、類似商材と劣位する箇所も理解しながら、自社商材が持つ強みを愛し、誠実にその商品をさらにより良いものにしようと尽力すること。

3.会社への期待と信頼

弊社が成長性ある事業領域の中で、素晴らしい仲間とともに、新しい価値と雇用を創造し、社会に役立っているという実感を持ちながら、より良い組織になり続けることへの期待を抱き、信頼感を持って尊敬して会社と接せられること。

会社にまつわるよくあるご質問

弊社に関するよくあるご質問をまとめました。

会社の強みを教えてください

今後、会社の目指す方向について教えてください

事業を通し、どのような時に社会に貢献できている実感しますか?

活躍している人材はどのような人ですか?

TOP
TOP